診療案内medical info

往診、各種健康診断、人間ドック、労災、事故、予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌)に対応します。

消化器内科・消化器外科(胃・大腸内視鏡)

内視鏡検査では、苦痛の少ない経鼻内視鏡を導入しております。希望によっては経鼻の内視鏡を口からも行います。また、鎮静薬希望の方はモニター管理下で行い、施行後、少し休んでから帰宅できるようにベッドも用意してあります。
大腸内視鏡も苦痛の少ないように配慮して行います。
大腸ポリープ切除などの内視鏡治療も可能です。


胃カメラ

胃カメラ
細径ファイバーはじめ各種ファイバーをそろえております。


酸素洗剤・高水準消毒液
内視鏡の洗浄は、自動洗浄機を使用し、酵素洗剤、高水準消毒液を使用することで、いつでも清潔で、感染の危険がないようにしています。

自動洗浄機


一般外科

外傷処置、外来小手術(巻き爪手術、皮膚、皮下腫瘍の切除)などを行います。


内痔核硬化療法(切らずにイボ痔を治す方法です)

これまで、群馬大学病態総合外科、公立藤岡総合病院にて内痔核硬化療法を施行して来ました。
今回、設備を充実させ、当院での実施が可能となりました。
手術は日帰り手術となります。術後は点滴を行いながら2時間ほどお休みいただき、問題がないことを確認後に帰宅となります。
その後は通院で経過を診させていただきます。

内痔核硬化療法とは

内痔核にジオン注を注射して、痔に流れ込む血流を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着、固定させる方法です。
痔核を切り取る手術と違って、痛みを感じない部位に注射するので「傷口から出血する」「傷が痛む」ということは無く、日帰りで治療が可能です。
また、術後の疼痛も無いため、手術に比べ身体への負担は軽くなります。
ジオン注の有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物+タンニン酸です。主成分の頭文字をとってALTAとも呼ばれています。硫酸アルミニウムカリウム水和物は出血症状や脱出状況を改善する作用、タンニン酸には硫酸アルミニウムカリウム水和物の働きを調節する作用があります。
投与後に痔が縮小し、脱出しなくなるには1週間から1か月ほどかかります。
生活習慣の改善がない場合、再発することもありますが、硬化療法は繰り返し可能です。
全ての内痔核が適応ではないため、手術が可能かは診察しての判断となります。詳細はお問い合わせ下さい。



内科

風邪、花粉症など軽いものから、肺炎、嘔吐下痢などの治療、肝炎の治療、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の治療を行います。
病気の重症度、専門性に応じて専門医を紹介させていただきます。
また、西洋医学の他に、漢方による治療も行っています。

整形外科

捻挫、骨折などレントゲン、CTで診断し、必要に応じて専門医をご紹介します。
慢性的な関節、筋肉の痛みなどに対して、SSPによる治療、リハビリを行っております。
骨密度測定にて骨粗鬆症の診断、治療を行います。

その他

専門にかかわらず、皮膚科、泌尿器科的トラブルにも対応させていただきますのでお気軽にご相談下さい。

その他、壮年期禿頭に対してプロペシア(自費)、EDに対してバイアグラ・シアリス・レビトラ(いずれも自費)を処方します。
ご希望の方はご連絡下さい。

※プライバシー保護を特に希望される方は、受診時に受付にお申し付け下さい。また、混雑しない午後の診療がお勧めです。


Kobayashi gastrointestinal surgery Clinic小林外科胃腸科医院

〒370-0851
群馬県高崎市上中居町186-3
TEL 027-325-2085
FAX 027-323-9702